日本橋で即効性の高い施術と痛くない鍼灸が人気です

Sunny鍼灸院・整骨院


ぎっくり腰

こんなお悩みないですか?

  • ·1年に1回は定期的にぎっくり腰を起こしている
  • · 以前よりギックリ腰の度合いがひどくなっている
  • · 常に腰をかばっている動き、姿勢になっている
  • · コルセットがないと不安で数種類もっている
  • · 朝、顔洗う姿勢が本当につらいことが多い
  • · 本当は治したいけど、結局湿布と痛み止めに頼っている
  • · 腰が痛くてイライラする。自分の時間を楽しめない
 
そのお悩み、
当院にお任せください!!
   
 

当院ではなぜ多くの患者様がぎっくり腰を克服しているのか?

ぎっくり腰にはいくつかの種類があります。
特定の筋肉で起こっているもの・関節内で起こっているもの・複合的な要因で起こっているもの。これに加えて、日常生活の癖や仕事の内容、時間経過によって、症状は変わります。
さらに、1日の疲労度と回復力も関係してきます。
多くは、これらを見極めることが少なくぎっくり腰に対してはマニュアル的な対応が多く硬い筋肉をほぐすだけ、腰をひっぱる、湿布をはる、腰に電気をあてる一人一人違う体の状態をよく見極めずに同じことを繰り返します。
ぎっくり腰は一人一人、病態や原因がまったく違うのです。
これを解決していかなければ根本的な解決にはなりません。
そもそもぎっくり腰とは
そもそも、ぎっくり腰はいろいろな種類があります。
筋筋膜性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛、もしくはぎっくり腰のような痛みでも椎間板ヘルニアや腰椎分離すべり症といった疾患名をつけられることもあります。
 

ギックリ腰の症状は急にくるのではなく前兆があり、痛みが出ます。

  • 1、前駆症状の出現
  • 2、危険信号の出現
  • 3、動けなくなるほどの激痛発生

前兆症状として、日常で様々なところに出ています。自分で理解しにくいものとしては、仙腸関節と言われる骨盤の関節部に押されると耐えがたい圧痛があります。
 
道でつまづく
疲労や柔軟性の低下により、足が上がらい、歩行が正し状態でない事が腰に負担をかけてしまいます。
寝ていて足がつる、脚の急なダルさ
脚は上半身を支えているものです。足がつるのは上半身を支えている土台が悲鳴を上げているサインです。下半身が上半身を支えられなくなったときにぎっくり腰になります。
股関節痛がある
特に股関節の前側が痛い。自然と中腰の姿勢が長く続いている状態です。
腰にかなり負担がかかっていますので、股関節の痛みがあるときはすぐに治療したほうがよいです。
朝、起きた時、腰が張り、伸びづらいので、靴下を履くのがつらい
背中あたりが張り、さすりたくなるような状態
いつも行っている腰周りのストレッチで伸びの悪さを感じる
 

原因といっても大きく二つあります。

『きっかけ』にあたる原因を2次的原因といい、これはぎっくり腰発症の途中経過でしかないのです。
多くの病院や治療家はこの2次的原因を本来の原因としていることが多いのです。
例えば、「靴下を履こうとしてぎっくり腰になった」「重い荷物を持った時にぎっくり腰になった」など。 
ですので、このきっかけはあくまできっかけにすぎず、1次的な原因がなければギックリ腰にはならないといえます。
では、どんなものが本当の原因なのでしょうか?
・日頃より仕事で座っていることが多く股関節の可動域が狭くなっている。それにより、自分の動かせる範囲から超えた時にぎっくり腰になった。
・日頃より片足過重が多く左右どちらかの筋肉だけで身体を支えているため筋肉のオーバーワークになり、筋肉単体で耐えられる負荷を超えてしまいぎっくり腰になった。
・いつも決まった方向を向いている事が多い、足を組むことが多いことが骨盤の歪みをつくり正しい関節の動きができないためにちょっとした動きで関節や筋肉を傷めぎっくり腰となった。
・良かれと思って、強いストレッチやヨガを定期的に行い、筋肉を緩める行為だけ頑張って筋力が弱いにもかかわらず無理な動きをして関節や筋肉の組織的な損傷がおきてぎっくり腰となる。
 

そもそも、症状には4つの段階があります。

1、急性期
この時まったく身動きも取れないくらい痛みがある。激しく、耐え難い痛みが3日~1週間続く時期
2、亜急性期
動きが取れないほどの激烈な痛みはないものの、動作によって強い痛みが生じるもの(~2週間程度)
3、経過期
症状発生から1週間以上経ち、強い痛みはないものの、油断をすると炎症期にすぐ戻ってしまうもの。(~数ヶ月・数年に渡るものも)
4、回復期
症状もなく、動作や関節内・筋肉・神経症状的にも正常なはたらきを保っている状態。疲労により腰に痛みや重だるさが出ても寝たら回復できる状態。
 
それぞれの経過期ごとに対応は違います。
強い炎症がある時期には、炎症を抑える治療をします。アイシングや鍼治療によって炎症を抑えていく治療を行い損傷部位に負担をかけないように体のバランスを整えます。
定期的にぎっくり腰になる方は急性期と経過期から抜け出せない状態にあります。ここでは、原因を探し出し体の歪み、関節の動き、睡眠状態を正常に近づけていく治療を行います。
今の体の状態にあった治療を選択することで1日でも早くぎっくり腰を克服することができます。一緒に健康な体を手にいれていきましょう。

Sunny鍼灸院・整骨院のご案内

住      所:
〒103-0007
日本橋浜町三丁目41-9
アクセス:
都営新宿線浜町駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
03-6661-0919
営業時間:
10:00~22:00
休業日:
土日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ