日本橋で即効性の高い施術と痛くない鍼灸が人気です

Sunny鍼灸院・整骨院


腰痛について

腰痛はさまざまな症状があり病態があります。このページではまず整形外科的な考え方を紹介いたします。

腰痛症


運動時あるいは安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称であり、疾患名というより症状名である。
腰痛の原因としては腰椎、椎間板、椎間関節、靭帯、筋、筋膜の障害が想定されているが正確に診断が可能なのは全腰痛症の半数以下、報告者によってはせいぜい10パーセント程度ともいう。
そのような場合にとりあえず、腰痛症という病名を付す。

成因と病態生理


腰痛と頚部痛とは人類が2本足で立位をとることに内在する宿命的疾患とも言われる。腰痛については原因として想定されるものは種々さまざまであるがそれをまとめると次のようになる。

①退行変性によるもの:椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症
②骨代謝異常によるもの:骨粗鬆症、骨軟化症
③外傷によるもの:腰椎圧迫骨折、横突起骨折、打撲、脊椎分離症、脊椎すべり症
④炎症によるもの:筋炎、筋膜炎、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、関節リウマチ
⑤腫瘍によるもの:骨肉腫、軟部組織肉腫、血管腫
⑥静力学的要因によるもの:姿勢不良、筋肉疲労
⑦先天性要因によるもの:仙椎の腰椎化、腰椎の仙椎化、奇形

症状


原則的には下肢症状を伴わない腰部の疼痛となっている。腰痛の発現によって急性、慢性、再発性に分類するのが治療上から便利である。

①急性腰痛症 疼痛は腰部に限らず、臀部、大腿後面や側面などにも出現することがあるが、原則として下肢神経症状は伴わない。腰痛は運動により増強され、安静により消失する。
<ぎっくり腰>
急性腰痛症のなかで、ちょっとした体動で急に発症し、場合によっては激痛のにおける発作性の腰痛症を俗に「ぎっくり腰」という。その真実の病態は不明であるが、多くの場合は腰椎内への滑膜の陥入であると考えられている。また、なかには、椎間板ヘルニアの始まりのこともあれば、何らかの拍子に生じた筋肉、筋膜、靭帯の微小損傷のこともある。多くの場合、安静にしていれば2~3日で激しい痛みは消える。安静や鎮痛薬の使用でも緩解しない腰痛、徐々に進行する腰痛、発熱を伴う腰痛などは、、内臓疾患、悪性腫瘍、感染症などを疑うべきである。

②慢性腰痛症 慢性に持続する腰痛があっても、はっきりした原因が判明しているものはこのカテゴリーには含まず、おのおのの疾患としてとらえるべきである。
問題は原因がはっきりしない、6ヶ月以上続くような慢性腰痛症の場合であるあるが、多くのケースで複合的要因が関与していて単純ではない。
繰り返される微小外傷、精神的なストレスなどが影響しているし、痛みからくる筋肉の緊張状態や、筋肉の長期疲労から阻血や拘縮を起こしていて、痛みの悪循環から脱しきれない状態となる。
また肥満による腰への過重な負担や背筋や腹筋の未発達状態、不良姿勢などもしばしば関与している。
さらに慢性的な疼痛は、いらいらや、抑うつ状態など、心理的要因まで荷重され、器質的障害から想像される以上の痛みを訴えることもある。

診断

神経学的検査を行ったうえで単純X線撮影や血液検査など基本的な検査はひととおり行うべきである。
その結果、あきらかな疾患をみいだしたならばその疾患に最適な治療法を選択する。
たとえば、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、リウマチ、感染症、尿管結石症などがみつかることがある。
一方、X線撮影などで著しい変形性脊椎症や軽度の奇形を発見しても、それが腰痛の原因として意味ある所見なのかどうかは慎重に考えるべきである。

治療

①安静や軟性コルセットによる固定
②消炎鎮痛薬の内服や外用
③ストレッチングや水中歩行などの運動
④トリガーポイントへの注射や仙骨裂孔からの硬膜外ブロック注射
参考 臨床医学各論第2版                                   


Sunny鍼灸院・整骨院の考える腰痛

はじめに

腰痛ははっきりとした診断をつけることは整形外科的には難しく全体の腰痛の10%程といいます。また、腰痛となりうる疾患は数多くあり病院での受診を必要とするものもあります。

当院ではまず、問診と検査を十分に行い病態を考えます。もし病院での診察が必要な場合は紹介状を作成しご提案させていただきます。
患者様には安心で安全な治療を提供していきたいからです。
もし、今腰が痛くて整骨院や整体に通っているにも関わらず病態が不明ならば一度しっかり見てもらえるところにいかれた方が安心です。
Sunny鍼灸院・整骨院では腰痛の検査項目だけでも30種類以上みていきます。それだけ患者様のお体の状態を確認する必要があるからです。

問診・検査について

診るポイントは姿勢・関節の動き・関節の位置・骨の位置・筋肉の硬さ、骨格、血液・リンパの循環、呼吸、睡眠です。大事なことはこのポイントが解剖学的、生理学的に正しい状態から今の体はどうなっているのか?を確認することです。正しい状態=痛みのない健康な状態です。この正しい状態から今どこにいるのかを明確にしなければ、どう進んでいくのかが分からないのです。

monita-monita-

左の写真は治療前、右の写真は治療後です。
1回の治療で姿勢がまっすぐに近づいています。
首の位置が変わり、胸が開いたことでバストアップもしていますね。
反り腰も改善しお尻もキュッと締まりました。
また、足のむくみも改善され治療前よりもズボンに余裕が出ています。

このように姿勢が正しい状態に近づいていくと、辛い腰痛も改善してきます。

当院の治療法 Sunny式鍼灸×整体

Sunny鍼灸院・整骨院に来られる患者さんの多くは病院に行っても異常がないと言われた、病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断をうけリハビリに通っているがよくならない、2軒以上整体や整骨院に通ったがよくならないなど、なかなかよくならない患者様が来院されています。

多くの患者様のほとんどが筋肉の緊張が強いために腰痛が起きています。
筋肉が硬い、体が硬いから腰がいたくなるなんて、ほとんどの方が知っていることと思います。
でも、本当の原因を改善できないから腰痛が治らないのです。

腰が痛いからといって腰だけをマッサージしたり、温めたり、湿布を張ったり、牽引したり、電気したりでは改善しません。
なぜ、筋肉が硬くなってしまうのか?ということを考えなくてはいけません。

多くが解剖学的な正しい姿勢ではなかったり、正しい関節の動きができていなかったり、十分な睡眠をとれていないからなのです。
Sunny式鍼灸×整体ではまず、局所の痛みの緩和のため鍼治療を行います。その後に原因となる姿勢の改善や、関節可動域の改善を行う治療をします。
体が正しい状態になると呼吸が楽になり夜熟睡できるようになります。
人は本来寝たら疲れが取れるし、寝たら痛みが取れるのです。
いわゆる自然治癒力が働くのが寝ている時間なのです。
自然治癒力が働き出すことで、なかなか治らない腰痛が改善していきます。
Sunny式鍼灸×整体では痛いところだけではなく、お体全身を治療し人間本来もっている自然治癒力が働き出すように治療を行います。

もし腰痛で悩んでいるのであれば、一度ご相談ください。もしかしたらあなたの悩み、不安に協力することができるかもしれません。



img_00014.png

浜町、人形町、水天宮で腰痛・肩こりでお悩みならSunny鍼灸院・整骨院にお任せください!!





Sunny鍼灸院・整骨院のご案内

住      所:
〒103-0007
日本橋浜町三丁目41-9
アクセス:
都営新宿線浜町駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
03-6661-0919
営業時間:
10:00~22:00
休業日:
土日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ